2009年06月04日

中国産果物…1ヶ月経っても腐らない!?

中国産果物は、輸入品の中でも長持ちする上に価格が安い!?

-----------以下のような記事がある---------------
一時期ベトナム市場にあふれていた中国産果物の輸入量は、
その品質が問題視されて以来減少しているものの、
市場では現在も依然として大きな割合を占めている。
ホーチミン市トゥードク農産物卸売市場では、
小売業者らが仕入れる果物の大半が中国産だ。

オーストラリア産のブドウは1キログラム当たり10万ドン(約540円)以上するが、
2、3日すると傷んでしまう。
ところが中国産は、同6万〜8万ドン(約330〜430円)と割安で、一カ月経っても腐らない。

同市食品安全衛生合同調査団が先日実施した検査では、
中国産果物から基準値を超える農薬が検出されている。
これらは甘みを増したり、長持ちさせる目的で使用されており、
小売業者らはその安全性に疑問を抱きながらも、
薬品の種類や毒性の程度が明確にされていないため、今も販売し続けている。

こうした状況を受け、先ごろ行われたホーチミン市人民委員会と農業農村開発局の会議でも中国産果物の品質問題が取り上げられ、使用農薬の種類と毒性を明らかにすべきとの意見が出されたが、有効な対策を打ち出せないでいるのが現状だ。

-------------------------------------------------------------

長持ちする上に安いのは良いけど、これって品種改良でもないし…
ただ農薬をじゃんじゃん使ってるだけですよね。

フィリピンなんかでも、日本へ送るバナナは一度大きな水槽のような農薬のプールにつけてから発送すると聞いたこともあるし…。。

やっぱり新鮮な物が一番だとは思う。
日本でも最近は見た目を気にしなくなり、虫がかじった「無農薬野菜」の方価格も高く売れているように感じる。

輸入に頼らない生活自給率100%の国家を日本も目指さなければいけないと思う。
posted by taku at 05:36| ☔| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新世紀エヴァンゲリオン 再放送決定!!

新世紀エヴァンゲリオンが再放送されるようだ。
その日にちは、6月29日の深夜から日本テレビでのようだ。

90年代にテレビ東京系で放送されていたが、
今回このタイミングで再放送。

複雑に張り巡らされた伏線や細部まで作り込まれた設定など数々の要素で、幅広い年齢層の支持を集め、グッズなどの売り上げもかなりのものに。。

アニメにして奥深いストーリー。
これはまた寝れなくなりそうだ。

07年には庵野秀明さんを総監督に、ストーリーを再構築した劇場版アニメ「ヱヴァンゲリヲン
新劇場版:序」が公開され、200万人を動員する大ヒットを記録した。
27日にはその第2作
「破」が公開される予定だ。

それに合わせての再放送だと思う。

結構見る人が多そうだ。

尚、詳細だが、

---------以下引用------------------
日本テレビは、6〜8月にかけてテレビ版全26話を9回に分けて再放送する。
初回は6月29日(月曜日)深夜1時59分の「第壱話」〜「第参話」。続いて7月1日からは
水・金曜日深夜に2〜5話ずつを放送(3、8、29日は放送なし)。
ラストは8月1日(土曜日)の深夜2時10分、「第弐拾四話」から最終回「第弐拾六話」を
放送する。また、劇場版アニメ「破」の公開に合わせて特別番組も放送する予定。

-----------------------------------------
posted by taku at 00:09| ☔| Comment(1) | アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。